日常から介護まで総合入浴情報サイト

お〜風〜呂.info

日常から介護まで
総合入浴情報サイト

歴史

各地の歴史や人物の足跡をご紹介します♪

歴史

各地の歴史や人物の足跡をご紹介します♪
当時幕府が抱えた最大の問題は、諸外国との通商条約の勅許をいただくことでしたが、朝廷はあくまで攘夷の遵守を求めていました。 将軍後見職にあった慶喜は、文久2(1862)年9月…
 
 
当時幕府が抱えた最大の問題は、諸外国との通商条約の勅許をいただくことでしたが、朝廷はあくまで攘夷の遵守を求めていました。 将軍後見職にあった慶喜は、文久2(1862)年9月の幕議において攘夷か開国かで…
修好通商条約締結問題に苦しんでいた幕府は、朝廷の許可を得た形での締結を目指していましたが、大老 井伊直弼は勅許を得ることなく締結を断行してしまいました。   その…
 
 
修好通商条約締結問題に苦しんでいた幕府は、朝廷の許可を得た形での締結を目指していましたが、大老 井伊直弼は勅許を得ることなく締結を断行してしまいました。   そのことを受けて一橋派は、朝廷を…
嘉永6(1854)年6月3日、アメリカ東インド艦隊司令長官 ペリーが軍艦4隻を率い、開国を求めるフィルモア大統領の親書の受理を迫って、浦賀沖に姿を現します。ペリーは、9日に…
 
 
嘉永6(1854)年6月3日、アメリカ東インド艦隊司令長官 ペリーが軍艦4隻を率い、開国を求めるフィルモア大統領の親書の受理を迫って、浦賀沖に姿を現します。ペリーは、9日に浦賀近くの久里浜へ上陸します…
    嘉永元(1848)年、12歳の慶喜と摂家・一条忠香の娘 千代との縁談がまとまり、婚約となりました。 しかし慶喜17歳のとき、先方の病気による辞退…
 
 
    嘉永元(1848)年、12歳の慶喜と摂家・一条忠香の娘 千代との縁談がまとまり、婚約となりました。 しかし慶喜17歳のとき、先方の病気による辞退で解消されます。これは、千代…
弘化4(1847)年8月1日、“七郎麿に一橋家を相続させたい”という第11代将軍 家慶の内意が伝えられ、その報告を受けた斉昭は、七郎麿を直ちに江戸へと呼び寄せました。 七郎…
 
 
弘化4(1847)年8月1日、“七郎麿に一橋家を相続させたい”という第11代将軍 家慶の内意が伝えられ、その報告を受けた斉昭は、七郎麿を直ちに江戸へと呼び寄せました。 七郎麿11歳のときに起きた大きな…