日常から介護まで総合入浴情報サイト

お〜風〜呂.info

日常から介護まで
総合入浴情報サイト

BATHINGお風呂
お風呂古今東西
2016 10.01
その3 ケロリン桶

誰もが一度は目にしたことのあるケロリン桶

子供が蹴っても腰を掛けてもビクともしない頑丈さから、別名「永久桶」とも言われています。

 

そもそもケロリンとは内外薬品が製造販売する鎮痛剤のこと。

昭和38年に、睦和商事の営業スタッフが、内外製薬に「湯桶にケロリンの広告を出しませんか?」と持ち掛けたのがきっかけで、ケロリン桶は誕生しました。

衛生上の問題から、銭湯の湯桶が木から合成樹脂に切り替えられる時期と重なり、好評を博して全国の銭湯、温泉、ゴルフ場の浴室へと普及していきました。

%e9%a2%a8%e5%91%82%e6%a1%b6

人気コミックを映画化した「テルマエ・ロマエ」でも、重要な小道具としてケロリン桶が使われています。

浴室でこのケロリン桶を見ると、自然と気持ちが和んでしまうから不思議です。

 

 

前の記事

その2 富士山のペンキ絵

 

 

日常から介護まで 総合入浴情報サイト お風呂インフォ

執筆者:Dr.デベロ
いいね!
ツイート
お名前
メールアドレス