日常から介護まで総合入浴情報サイト

お〜風〜呂.info

日常から介護まで
総合入浴情報サイト

CARE介護関連
浴説
2019 03.01
Voice 32
 従事者向け

介護の現場には様々な声があふれています。

介護に携わるスタッフの声、介護サービスを受けるご利用者の声、それを見守るご家族の声。

介護が必要になった方々に対して交わされる言葉の数々は優しく、切実です。

創られたものではなく、誰かが実際に発した「Voice」は人の胸を打つことがあります。

ここではそんな声の数々をご紹介していきます。

 

 

 

 

  95歳の男性。誤嚥性肺炎で入院していたが、状態が良くなり退院。

  「家に帰りたい」が、その方の希望でもあった。

  退院後、立位で歩行器を使用してトイレへ行っていたが、状態が急に悪くなり寝たきり状態となる。

  酸素マスクを付けての訪問入浴をすることとなるが、入浴したのは3週間ぶりとのことだった。

 

  もともとお風呂が大好きだったこともありますが、入浴した瞬間に笑顔を見せてくださり、発語が

  できる状態ではなかったですが、表情だけですべてが伝わった瞬間でした。

 

  その方は訪問入浴の利用が2回だけで、残念ながらお亡くなりになりましたが、訪問入浴の援助で

  たずさわることができてよかったと感じました。

 

 

 

 

訪問入浴介護に関するエピソードなど、皆様の“Voice”をお寄せください。お待ちしております。

 

前の記事

Voice 31

 

日常から介護まで 総合入浴情報サイト お風呂インフォ

執筆者:Voice配達人
いいね!
ツイート
お名前
メールアドレス