日常から介護まで総合入浴情報サイト

お〜風〜呂.info

日常から介護まで
総合入浴情報サイト

CARE介護関連
浴説
2019 01.04
Voice 28
 従事者向け

介護の現場には様々な声があふれています。

介護に携わるスタッフの声、介護サービスを受けるご利用者の声、それを見守るご家族の声。

介護が必要になった方々に対して交わされる言葉の数々は優しく、切実です。

創られたものではなく、誰かが実際に発した「Voice」は人の胸を打つことがあります。

ここではそんな声の数々をご紹介していきます。

 

 

 

 

  その方から申し込みがあったのは、ある晴れた春の日。

  「ターミナルなんだけど、ご主人が『お風呂に入れてあげたい』って。」

  と、ケアマネさんからの電話。

 

  担当者会議に行くと、訪看の方も同席されていた。

  ベッドに横になっていたその方は、とても痩せていて、ターミナルであることは一瞬でわかった。

  私たちに気付くと、ゆっくり目を開けられ、ほほえまれた。

  訪看から、「私たちがまず入って体調の確認をするから、そのすぐ後に入ってくれる?」と。

  その言葉にうなづいた。

 

 

  そして初回の日。訪看からバトンを渡され、

  私たちは3人でその方の笑顔とご主人の笑顔の中で入浴が行えた。

 

  しかし、その3日後に・・・・・・・

  訪看から、

  「『あの時に入浴を受けてくれて本当にありがとう。とてもきれいになって見送ることができたよ。』

  と、ご主人が話していましたよ。本当にありがとう。」との電話が。

  

  私たちはもしかしたら死期を早めたのではないか・・・・・・そんな思いも一瞬よぎったが、訪看からの

  言葉を宝物にしようと、スタッフ全員でその方の冥福を祈り、涙した。

 

 

 

訪問入浴介護に関するエピソードなど、皆様の“Voice”をお寄せください。お待ちしております。

 

前の記事

Voice 27

 

日常から介護まで 総合入浴情報サイト お風呂インフォ

執筆者:Voice配達人
いいね!
ツイート
お名前
メールアドレス