日常から介護まで総合入浴情報サイト

お〜風〜呂.info

日常から介護まで
総合入浴情報サイト

CARE介護関連
浴説
2020 09.04
Voice 68
 従事者向け

介護の現場には様々な声があふれています。

介護に携わるスタッフの声、介護サービスを受けるご利用者の声、それを見守るご家族の声。

介護が必要になった方々に対して交わされる言葉の数々は優しく、切実です。

創られたものではなく、誰かが実際に発した「Voice」は人の胸を打つことがあります。

ここではそんな声の数々をご紹介していきます。

 

●週1回の利用者様家族が、毎週のように入浴日を待っていてくれて、訪問するたびに“お風呂屋さんが来た!!今日は○○(利用者様の名前)のお祭りだ”と大変喜んでくれます。

介護者家族も高齢になっているので、少しでも負担を減らしてあげようと、私たちも入浴以外でも多少フォローしてあげ、お互いに感謝しあっていて、訪問入浴業務にやりがいを感じます。

 

●看取り期、ターミナルの利用者様家族から、“覚悟は決めているので、最後は大好きだったお風呂に1回でも良いから入れてあげたい”との依頼を受ける事が多くなり、本当に最後の1回になる場合もありました。

“訪問入浴さんには本当に感謝しています。きれいになって見送ることが出来ました”とお言葉をいただき、人の一生の最後に少しでも役立つこと・関わることができて良かったと思いました。

 

訪問入浴介護に関するエピソードなど、皆様の“Voice”をお寄せください。お待ちしております。

 

前の記事

Voice 67

 

 

日常から介護まで 総合入浴情報サイト お風呂インフォ

執筆者:Voice配達人
いいね!
ツイート
お名前
メールアドレス