日常から介護まで総合入浴情報サイト

お〜風〜呂.info

日常から介護まで
総合入浴情報サイト

CARE介護関連
浴説
2019 05.24
Voice 37
 従事者向け

介護の現場には様々な声があふれています。

介護に携わるスタッフの声、介護サービスを受けるご利用者の声、それを見守るご家族の声。

介護が必要になった方々に対して交わされる言葉の数々は優しく、切実です。

創られたものではなく、誰かが実際に発した「Voice」は人の胸を打つことがあります。

ここではそんな声の数々をご紹介していきます。

 

 

家族のたより 兄貴の入浴

 

生前は兄貴が大変お世話になりました。

皆さんが来られた時は、いつも笑顔でこえをかけて頂き、兄貴も私たちも嬉しくなりました。

週3回3人で来られ、優しく声をかけ、気持ちや、心を落ち着かせ、血圧・酸素を測り、体調を見て大丈夫と判断して浴槽に入れて頂きました。それから、3人で声をかけながら体全体を洗ってくださいましたね。「他に痒いところはないですか?こっちはどうですか?」など聞かれ、兄貴は「うん、うん」と言いながら、ぽん、ぽん、言いたいことをいっていたことを思い出します。

 

皆さんの目配り・気配り・思いやり、そして一生懸命体を洗っている姿を見て私も、姉も本当にありがたく思いました。皆さんが帰られた後も、兄貴、姉、私3人で、又会える日を楽しみに話をしていました。

 

入浴が済んだ後、皆さんと話をしてとても楽しかった事を今でも思い出します。皆さんと出会えたことがいい思い出として、私の心に残っています。

 

本当にお世話になり感謝しています。ありがとうございました。

 

許可をいただきまして、水俣市社会福祉協議会 入浴スタッフ一同様が発行されている

『水俣市入浴車だより (平成25(2013)年9月発行)』から、掲載させていただきました。 

 

訪問入浴介護に関するエピソードなど、皆様の“Voice”をお寄せください。お待ちしております。

 

前の記事

Voice36

 

日常から介護まで 総合入浴情報サイト お風呂インフォ

執筆者:Voice配達人
いいね!
ツイート
お名前
メールアドレス