日常から介護まで総合入浴情報サイト

お〜風〜呂.info

日常から介護まで
総合入浴情報サイト

CARE介護関連
浴説
2018 03.16
Voice 15
 従事者向け

介護の現場には様々な声があふれています。

介護に携わるスタッフの声、介護サービスを受けるご利用者の声、それを見守るご家族の声。

介護が必要になった方々に対して交わされる言葉の数々は優しく、切実です。

創られたものではなく、誰かが実際に発した「Voice」は人の胸を打つことがあります。

ここではそんな声の数々をご紹介していきます。

 

 

 

 

 パーキンソン病、がん末期のターミナル期の利用者様、初回入浴2日前より吐気、全身疼痛の症状が

 あらわれて睡眠もとれておらず、きつそうにされていました。

 訪問時にも疼痛があり、入浴困難かと思われましたが、バイタルサインが安定。

 本人より「気分転換のためにも入れてほしい」と希望があり、短時間入浴することを決めました。

 

 洗髪を開始すると、苦痛な表情をみせていたのがだんだんと穏やかな表情に変わり、

 「私は幸せものね、女王様みたい」「あなた達は天使ね」と言われ、涙を浮かべていました。

 

 

 ターミナル期で疼痛等1日中苦痛で過ごされている中で、一時的でも笑顔になられたとき、

 最後に「ありがとう、また来てくださいね」の言葉を聞けたとき、

 訪問入浴をしていてよかったと思います。

 

 

 

 

訪問入浴介護に関するエピソードなど、皆様の“Voice”をお寄せください。お待ちしております。

 

前の記事

Voice 14

 

日常から介護まで 総合入浴情報サイト お風呂インフォ

執筆者:Voice配達人
いいね!
ツイート
お名前
メールアドレス