日常から介護まで総合入浴情報サイト

お〜風〜呂.info

日常から介護まで
総合入浴情報サイト

STYLESTYLE ZONE
ソウセイDEサンシャイン
2018 08.24
【水戸の歴史 其の弐拾陸】最後の将軍 徳川 慶喜 ―婚約から結婚―

 

 

嘉永元(1848)年、12歳の慶喜と摂家・一条忠香の娘 千代との縁談がまとまり、婚約となりました。

しかし慶喜17歳のとき、先方の病気による辞退で解消されます。これは、千代が天然痘で醜いあばた面になったためと言われています。

一条家からはすぐに、公卿の今出川実順の妹 延を養女として嫁がせたい、と申し入れがありました。

それを受け、同女との婚約が成立しました。

延こそが、安政2(1855)年、慶喜19歳のときに結婚した正室 美賀(延から改名)です。

慶喜より2歳年上の花嫁でした。

 

公益財団法人常陽藝文センター・発行『常陽藝文1997年12月号』参照

 

前の記事

【水戸の歴史 其の弐拾伍】最後の将軍 徳川 慶喜 ―少年時代―

日常から介護まで 総合入浴情報サイト お風呂インフォ

 

執筆者:Mr.フレキシブル
いいね!
ツイート
お名前
メールアドレス