日常から介護まで総合入浴情報サイト

お〜風〜呂.info

日常から介護まで
総合入浴情報サイト

CARE介護関連
浴説
2019 10.18
Voice 47
 従事者向け

介護の現場には様々な声があふれています。

介護に携わるスタッフの声、介護サービスを受けるご利用者の声、それを見守るご家族の声。

介護が必要になった方々に対して交わされる言葉の数々は優しく、切実です。

創られたものではなく、誰かが実際に発した「Voice」は人の胸を打つことがあります。

ここではそんな声の数々をご紹介していきます。

 

 

妻の笑顔

 

“変わらざる紅い夕日に祈りを捧げ、妻の御加護を願い今日も過ぎ行く”

 

明日はお風呂ちゃぷちゃぷ良いなぁ~と、ベッドの妻に語りかけると笑みを浮かべてくれ。幼かった子供を妻と風呂に入れ、雨、雨、降れ降れは遠い日の言葉だ。

 

狭い我が家での訪問入浴は、大変で、気の毒。浴槽で優しく体を洗って貰いながら気持ち良さそうに、童心の妻が、スタッフの方々に有難う、とお礼を言っている。

ベッドの脇で見ている老生も、妻の笑顔に小さな幸せを感じるひと時。

 

訪問入浴の皆様のご多幸を願い御礼と致します。

 

 

許可をいただきまして、水俣市社会福祉協議会 入浴スタッフ一同様が発行されている

『水俣市入浴車だより(平成25(2013)年9月発行)』から、掲載させていただきました。

 

 

訪問入浴介護に関するエピソードなど、皆様の“Voice”をお寄せください。お待ちしております。

 

前の記事

Voice 46

 

 

日常から介護まで 総合入浴情報サイト お風呂インフォ

執筆者:Voice配達人
いいね!
ツイート
お名前
メールアドレス