日常から介護まで総合入浴情報サイト

お〜風〜呂.info

日常から介護まで
総合入浴情報サイト

CARE介護関連
介護情報録
2018 03.30
7割が高齢になったら慣れた街で暮らしたい~『入浴福祉新聞 第51号』より~
 従事者向け

 

『入浴福祉新聞 第51号』(平成7(1995)年4月1日発行)より

過去の入浴福祉新聞に掲載された記事をご紹介します。

発行当時の入浴や福祉等の状況を少しでもお届けできたら幸いです。

 

 

7割が高齢になったら慣れた街で暮らしたい

 

 

総理府が昨年まとめた『住宅・居住に関する世論調査』によると、65歳以上になったら、住み慣れたところに引き続き住みたい、と思っている人が68%にものぼり、「自然環境のいいところに移転したい」が14%、「生活に便利なところに転居したい」はわずか9%だった。

 

 

調査対象は20歳台や30歳台も含まれていて、「歳をとると、新しい街に馴染めなくなる」との意識が若い世代にもあるようで、福祉や介護の制度は、市町村格差の大きいことを考えると、高齢になる前に〔福祉に熱心な街〕に移転した方がいい、となる。

 

この調査では、「いま住んでいる住宅の不自由な点」も指摘してもらっているが、60%が「ある」と答えたそうだ。日本の住宅は基本的に欠陥商品なのだろう。

 

とりわけ、「高齢者に配慮した浴室やトイレになっていない」といった意見が目立ち、「緊急通報システム」や「老化や階段の手すり」の必要性を訴える声も多かった。

 

 

 

※発行当時の原稿をそのまま掲載しております。何卒ご了承の程お願い申し上げます。

 

 

 

日常から介護まで 総合入浴情報サイト お風呂インフォ

いいね!
ツイート
お名前
メールアドレス