日常から介護まで総合入浴情報サイト

お〜風〜呂.info

日常から介護まで
総合入浴情報サイト

CARE介護関連
介護情報録
2016 10.01
認知症による事故賠償 独自の救済制度を検討―神戸市
 従事者向け

認知症高齢者が列車と衝突した事故で遺族が損害賠償を請求されるなど、認知症の人が関わる事故の損害をどのように解決していくかは、大きな社会問題となっています。

 

 

久元神戸市長は9月13日、認知症高齢者による事故の損害賠償について独自の救済制度を検討していることを明らかにしました。

 

tree-97986_640 久元神戸市長は、「認知症の人が徘徊して第三者に被害を与えるケースでは、社会全体で家族の苦痛や負担をわかちあうことが必要」と語り、訴訟で損害賠償金額が確定した事案については、市独自の支援制度を設けたいと意欲を示しました。

具体的な救済方法としては、任意加入の救済制度や自賠責保険のような制度、ふるさと納税など市費の活用などが考えられ、今後検討していくとしています。

 

会見では、WHO神戸センターと神戸大学が主導する認知症の予防・介入プロジェクトに関し、神戸市側からの取り組みについても述べられました。2016年度から実施する高齢者対象のフレイル健診のデータなどをプロジェクトに提供し、要介護リスクの予測に活用するなど、市の介護予防事業への取組にも期待を寄せています。

 

神戸市ホームページ

http://www.city.kobe.lg.jp/information/public/media/movie/mayor/index.html

 

 

 

日常から介護まで 総合入浴情報サイト お風呂インフォ

執筆者:めがねくん
いいね!
ツイート
お名前
メールアドレス