日常から介護まで総合入浴情報サイト

お〜風〜呂.info

日常から介護まで
総合入浴情報サイト

CARE介護関連
2018 06.22
☆ニュースペーパーラージヒル☆ 地域包括ケア “考”~介護における生産性の向上~
 従事者向け

ニュースペーパーラージヒルは、新聞を読んで数々の新しい出来事や難題などを理解して私たちの仕事に生かしていこうという思いが込められています。取り上げる題材は、地域包括ケアとお風呂の2つですが、私、ミスターフレキシブルがその時々の記事について少々語り、デベログループの商品等との関連性をご案内しています。

皆様、新聞を読んで、世の中の大きな流れを感じて日々の仕事に生かしてまいりましょう!

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

【私見卓見】介護現場、書類負担の軽減を

(前略)

  介護業界における仕事の中身を点検すると、意外な点が見えてきた。我が社の介護付きホーム数ヵ所で業務時間の割合を調べると、

  記録の作成や施設管理の仕事が3分の1程度と、食事や排せつの介助より長い時間を占めた。

(中略)

  介護事業者の仕事の中心は言うまでもなく、現場で利用者と親身に向き合うことだ。利用者の安全とともに外出などの自由を確保

  するため、事業者側がやるべきことは多くある。事業者としてサービスの充実は責務であり、職員もケアすることにはやりがいを

  感じている。だからこそ行政には、我々事業者とともに書類の簡略化とデジタル化に真剣に取り組んでもらいたい。

 

2018年5月2日(水)日本経済新聞記事より

 

厚生労働省が、介護雄事業の生産性改善に向けた取り組みを進め、2018年度から現場スタッフによる行政への報告を電子化し、介護現場で作成する文書量の半減を目指す、とのことです。

事務作業を効率化することで、利用者へのサービスを行う時間を増やせるようにすることと、介護現場にITを幅広く活用し、製造業などに比べて低い労働生産性の底上げにつなげるということです。

介護事業の生産性の向上とともに、女性や高齢者が介護事業をとおして活躍できる地域社会の実現を心から願っております。

 

 

のような地域でも活躍するデベロバスカ

コンパクトシティーでもキビキビ走ります!

 

 

訪問入浴介護とは

訪問入浴のサービス提供の流れがわかります!!

 

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

日常から介護まで 総合入浴情報サイト お風呂インフォ

執筆者:Mr.フレキシブル
いいね!
ツイート
お名前
メールアドレス